KAWASE

Tuning Menu
エンジン本来のポテンシャルを引き出すインジェクションチューニング。

インジェクションチューニングには、経験と技術が必要だと考えています。また、当社のシャーシダイナモには、他社にないオプションも各種装備されています。優れた機器に、経験と技術を合わせることで、他とは違うチューニングをお届けできるとカワセは考えています。

インジェクションチューニングとは

1995年のウルトラモデルで初採用され、現在ではすべてのハーレーダビッドソンが採用するフューエルインジェクションという電子制御の燃料供給システム。使用状況に応じてコンピューター(ECM※)が最適な混合気を最適なタイミングで燃焼させるこのシステムはガソリンを燃料とする現代のほとんどの乗り物に採用されています。
※エンジン・コントロール・モジュールの略、一般的なECU(エンジンコントロールユニット)と同じ。

しかしノーマルの状態で最適な状態にプログラミングされていてもマフラーなどを交換して吸排気のバランスが変わるなどした場合、ECMは自動的に対応してくれません。調子が悪くなってしまったり、最悪の場合エンジンが壊れてしまう可能性さえあります。また、日本仕様は排気ガスの規制や騒音規制などの制約をクリアするために、あえてベストのセッティングから外れたセッティングにしている場合もあるのです。そこでチューニングという作業が必要になってくる訳です。

ブラックボックスになっていて通常では調整することの出来ないECMをチューニングするためにはどうすれば良いのか? 現在大きく分けて3種類の方法があります。ひとつめはノーマルECMの中に直接アクセスして中身を書き換えてしまう「フラッシュチューニング」、二つめはECM本体を別の物に交換してしまう「フルコンピュータ(フルコン)」、三つめはECMとエンジンの間に割り込ませてコントロールする「サブコンピューター(サブコン)」です。

以下に当社で現在お勧めしている代表的なチューニング方法を紹介します。

Dynoflash


ダイノフラッシュ
フラッシュチューニングです。ノーマルECM内にある設定テーブルを自在に変更することが出来ます。ノーマルのECMですから自己診断など本来の機能はそのままですし、デジタルテクニシャンというディーラーでの診断コンピューターもそのまま接続できます。もちろん本体はメーカー純正品ですから信頼性も抜群です。ただしご自身でプログラム変更することは一切できません。

Power Vision


パワービジョン
車両に搭載されたECM自体をそっくり交換してしまうフルコンから現在の主流はノーマルコンピューターの中身だけを書き換えるフラッシュチューニングとなっています。

フラッシュでもいろいろなチューニングデバイスが発売されていてどれを選べばよいのか悩んでしまう現在の状況で当社が一番にお勧めするのがDYNOJET社の「POWER VISION」です。

現在のプログラムが見える。

数あるフラッシュチューニングでも最初に入っているノーマルのプログラムを見ることが出来るのはパワービジョンだけです。ほとんどのフラッシュチューニングはそのデバイスメーカーで用意されたベースプログラムをその車両に適したプログラムへチューニングしていくのですが、変更することが出来るテーブルが非常に少ないうえ入力できる数値も大雑把です。

「当社が思うハーレーダビッドソンにおいて現時点で最も強力で最も速いフラッシュチューニング装置」です。

  • 最大8個のプログラムを保存できてすぐに変更可能。
  • ライブアイドル機能はエンジンを始動させながらアイドリングを上げ下げ出来ます。
  • エラーコード(DTC)を確認、消去が可能。
  • エンジン内のあらゆる情報をゲージにて表示可能(一部データーは記録も可能)
  • 本体には多彩なDYNOJET社製プログラムもメモリーされています。
  • クイックチューンで簡単にプログラムを調整することも可能。

Screamin' Eagle Pro Street Tuner


SEプロストリートチューナー
フラッシュチューニングです。H-D純正レーシングパーツ「スクリーミンイーグル」のチューニングデバイスです。ソフトをダウンロードしてご自身でプログラムを変更することも可能です。メーカー純正という安心感があります。

DirectLink Flash Tuner


ディレクトリンク フラッシュチューナー
フラッシュチューニングです。独自のチューニングテーブルはダイノジェット系についで豊富です。ハーレー初期のマレリ製インジェクションのフラッシュチューニングにも対応しています。

USBをなくし、ライセンスのみの販売もできるようになりました。

ThunderMax


サンダーマックス
フルコンタイプのチューニングデバイスです。独自のテーブル構造でいろいろ細かくセッティングすることが出来ますし、専用ソフトと付属ケーブルでパソコンと連携させご自身でプログラム変更することも可能です。あらかじめセットした補正範囲で走行状況を記憶して学習させることでセッティングを手助けする機能もあります。

Power Commander V


パワーコマンダーV
サブコンタイプのデバイスです。他のデバイスに比べるとコントロールできる範囲が少ないのですが逆にお手軽といえます。プログラムを作成してECM本体に流し込んで初めて始動できるフラッシュタイプに比べるとパソコンを繋げばエンジンを始動しながら、あるいは走行しながらでも数値を変化させることができ、リアルタイムで変更を確認できるのは魅力です。

Tuning Price


チューニング費用について
基本的にかかる費用は(チューニング方法)+(エンジン計測&プログラム作成)の合計料金になります。

エンジン計測&プログラム作成料金
¥60,000(税別)

シャーシダイナモを使用したエンジンの全域計測とそれに合わせたプログラムの作成料金です。プラス、チューニング方法の料金が必要です(下表)。車種によってはワイドバンドセンサー取付けの為のマフラー加工料金が別途必要になる場合もあります。

チューニング方法

価格(税別)

備考

ダイノフラッシュ

¥39,800

ノーマルECMに接続するDYNOJET社製デバイスの使用ライセンス料金

パワービジョン

¥79,800

日本語表記版、ブラックタイプ、すべて同価格

SEプロストリートチューナー

¥61,305

パソコン接続ケーブルは別売りになります。

ディレクトリンク フラッシュチューナー(ライセンスのみ)

¥39,800

USBキーのお渡しはありません。

サンダーマックス

ASK

年式、種類によって価格は変わりますので、お問合せください。

パワーコマンダーV

¥52,000〜

車種によって価格は変わります。

カワセモータース

〒462-0861
愛知県名古屋市北区辻本通3-21-1
FAX 052-913-7087

定休日 月曜日・第2日曜日
営業時間 am10:00〜pm8:00

プライバシーポリシー

場所のご案内

古物商許可店
株式会社カワセモータース
愛知県公安委員会
第541039900900号


Dynojet日本国内公認正規ディーラー


AJ Zutto Ride Club会員受付店


(社)自動車公正取引協議会会員店

Calendar
定休日のご案内(臨時休業含む)

が休みです。

Copyright (C) KAWASE MOTORS All Rights Reserved.